エクセルゴールシーク機能!必要な結果を出す!

goal

ゴールシーク

100万円貯金をするとします。
それに対して毎月いくらなら積み立てできるか決めるとします。
その毎月の積立金で100万円貯めるには何か月かかるか自動計算してくれる優れものです。
表を作る初めだけ計算式を入れておけば、途中でリゴールした場合でも自動計算します。
ですので目標金額や積立金が変わり修正する時に便利な機能です。
簡単に言えば数値ゴールを逆計算して算出してくれる関数です。

①まずは計算式の入った表を用意します。
今回は「目標金額」と「毎月積立」から「必要月数」を計算式で出しています。
「=(目標金額のセル)/(毎月積立のセル)」ちなみに「÷」は「/」で表します。
goalseek1

②次に、①で出した「必要月数」のセルを選択します。
「データ」の「データツール」内の「What-If分析」をクリックします。
goalseek2

③「What-If分析」をクリックすると「ゴールシーク」があるのでそちらをクリックします。

④「ゴールシーク」をクリックすると以下の表が現れます。
goalseek4

 

⑤まず、「数式入力セル」には計算式の入ったセルを選択しなければなりません。
ですのでこの場合は、赤枠をクリックし、「必要月数」のセルをクリックし、選択させます。
goalseek5

 

⑥「目標値」に入れる数値についてご説明します。
今回は、必要月数を50から15回に変えてみます。
そのような場合この「目標値」に入れる数値は「15」になります。
goalseek6

⑦「変化させるセル」について説明します。
ここでは、⑥で設定した必要月数を15回に対して毎月積立の金額がいくらになるか出したいです。
このような場合「毎月積立」のセルを「変化させるセル」に設定します。
赤枠をクリックし、「毎月積立」のセルを選択させます。
最後に「OK」を押します。
goalseek7

⑧反映されるとされると以下のようになります。
goalseek8

関連記事

ページ上部へ戻る