ワードで簡単!はがきのあて名を作成&印刷の仕方

letterletter

<まずはエクセルで住所録の作成>

①前提としてエクセルで住所録を作って準備します。
ワードの「はがき宛名面印刷ウィザード」を使うのですが、住所録はエクセルからデータを引っ張って使用します。

<エクセル住所録を作るときの注意点>
・漢数字は半角
・表内に空白があると無駄に印刷されてしまうためなるべく空白は作らない注意が必要です。
・並びは順不同ですが下記のようなデータが含まれていると好ましいです。
excelletter

作り方は簡単です。
1.まず住所のデータを用意します。
excelletter1

2.次にデータをすべて選択し、「ホーム」をクリックします。

letter2

 

3.「スタイル」の中の「テーブルとして書式設定」をクリックし、好きな表のデザインを選び反映させます。
 ワードで反映させやすいようにデスクトップに保存しておきましょう。
excelletter2

 

<ワードではがきのあて名を作る>

②ワードを開きます。
 「差し込み文書」内の「はがき印刷」をクリックし、さらにその中の「宛名面の作成」をクリックします。

③以下の画面が出るので「次へ」をクリックします。
letter2

④次の画面では「はがきの種類」が選べます。
今回は年賀はがき作成にします。
選択したら「次へ」をクリックします。
letter3

⑤次に縦書き、横書きを選択します。
選択したら「次へ」をクリックします。
letter4

⑥次はフォントを選びます。
選択したら「次へ」をクリックします。
letter5

➆差出人情報を入力します。
入力したら「次へ」をクリックします。
letter6

⑧次は先ほど作っておいたエクセルファイルを反映させます。
まず「既存の住所録ファイル」を選択し「参照」をクリックします。
デスクトップに保存しておいた住所録を選択します。
letter7

➈エクセルのシートが複数ある場合は次の画面が出てきます。
データが入っているシートを選び「OK」をクリックします。
letter8

➈反映されました。
letter9

➉仮にあてはめたデータの配置がずれることがあるので微調整することもできます。
今回は下の郵便番号を直します。
「はがき宛名面印刷」の「レイアウトの微調整」をクリックします。
ミリ単位で配置を変えることができます。
letter10

関連記事

ページ上部へ戻る