ワードの改ページ機能!簡単に改行する方法

dictionary

①通常文書を1ページ書いて埋まると次のページへ自然と改行されます。

②しかし、この「改ページ」は自分の好きなところでも使用することができます。
 例えばこんなところでもできます。
 赤の矢印がもともと1枚に収まっていた文書です。
 その中で青色の矢印の範囲で「改ページ」を入れてみました。
newline2

③では早速やり方をご説明します。
まず、改行したい部分にカーソルを合わせます。
newline3

④次に、「Ctr」と「Enter」を同時に押します。
するとカーソルの部分で「改ページ」されます。
newline4

「改ページ」と表示が合い場合
「Ctr+Enter」を同時に押して、実際にページが二つに分割されても「改ページ」と表示されないことがあります。
そんな時は表示される設定がありますのでご紹介します。

⑤まず「改ページ」を入れたい場所にカーソルを合わせます。
newline3

⑥次に、ワード上部の「挿入」をクリックします。
 「挿入」内の「ページ区切り」をクリックします。
newline5

➆するとこの方法でも「改ページ」を入れることができます。
newline6

⑧そして、⑦の画像のようにページは分割されていても「改ページ」と表示されないことがあります。
そんな時は、まずワード上部の「ファイル」をクリックします。
newline7

➈出てきた画面の「表示」をクリックします。
「すべての編集記号を表示する」にチェックを入れます。
newline8

➉反映されました。
newline9

関連記事

ページ上部へ戻る