エクセルの数値機能!社員コードの付け方

number

エクセル数値の社員コードに自動で前ゼロをつける

社員番号で管理したい場合便利な機能をご紹介します。
通常、エクセルに番号を入力すると、そのままの整数で入力されてしまいます。
例えば「1」で入力した場合、そのまま「1」で入力されます。
管理している番号が例えば「001」の場合、エクセルの設定で「1」を「001」に自動的に変えることができます。

①まずは反映させたいデータ表を用意します。
 今回は社員番号と名前の表を用意しました。
nunber1

②1つのセルを選択し、右クリックします。
 今回の場合は一番上のセルの「9」のセルです。
 セルの書式設定をクリックします。
nunber2

 

③セルの書式設定の中の「ユーザー定義」内の「種類(T)」の枠に「000」と入力します。
nunber3

④最後に「OK」をクリックすると反映されます。
nunber4

⑤「009」のセルの右下をした方向にドラッグするとほかのセルの番号も反映されます。
nunber5

関連記事

ページ上部へ戻る